Event is FINISHED

高齢者薬物治療認定薬剤師制度 認定ワークショップ-Ⅰ

Description

認定ワークショップ第一弾!

講師には多剤併用の問題に取り組んでいらっしゃる著名な医師・薬剤師をお招きしてご指導いただきます。

JCHO顧問 徳田 安春 先生 : ドクターG出演、総合診療医の教育、提言「日本のポリファーマシー」著者などで有名な医師 

栃木医療センター内科医 矢吹 拓 先生 : 多剤併用問題解決への取り組みが薬事日報にも紹介されている熱意ある若手医師


第1回目のワークショップでは、日常的に経験することの多い薬物治療の問題(有害事象)への取り組み方をワークショップを通して学びます。


ポリファーマシーなどの不適切処方をマネジメントできる高い臨床能力を持つ薬剤師を

育成するための高齢者薬物治療認定薬剤師制度

第1回認定ワークショップ 

講  師 : 徳田安春 先生 ( 独立行政法人 地域医療機能推進本部)

講  師 : 矢吹 拓 先生  (国立病院機構 栃木医療センター)

日  時 : 平成28年1月17日(日)10:30-16:30 ( 開場10:00

場  所 : グラントウキョウサウスタワー13F 会議室

定  員 : 40名 

交 流 会 : 終了後、希望者のみ参加 ( 各自、実費負担

    日本薬剤師研修センターシール 3単位交付予定


高齢者薬物治療認定薬剤師を目指す方は受講が必須となります。

まだ認定を受けることを考えていらっしゃらない方も、薬剤師であれば

どなたでも参加頂けますので、どうぞご遠慮なくお申し込みください。



このサイトからお申し込みの出来ない方は、ファクスまたはメールでの申し込みも受け付けております! (前日まで)

申込記載内容を明記の上お申し込み下さい。参加費は当日払いとなります。

FAX:03-3216-0155  メール:info@pfpd.or.jp

(申込記載内容)

氏名、所属先名称、所属先の業務形態(病院・薬局・ドラッグストア・その他)、調剤経験年数

連絡先:電話番号、メールアドレス

交流会参加の有無


当日は、グラントウキョウサウスタワー1階エスカレーター横で、入館カードをお渡しします。

10:00~10:55まで受け付けております。

当日の緊急連絡先:080-9407-6455(塚本)または090-3210-4525(平野)



高齢者薬物治療認定薬剤師制度とは・・・

研修を通して、処方の妥当性を検討し薬物治療のマネジメントができる高い臨床能力を持つ次に掲げる薬剤師を育成するためのプログラムです。

高齢者薬物治療認定薬剤師

合併症の多い高齢者の他科受診や生理機能の低下に起因する様々な薬物治療の問題に対して、改善に必要な基礎知識を習得し、医師の処方意図に基づき検討することができる薬剤師。


高齢者薬物治療専門認定薬剤師

様々な要因が絡む高齢者の薬物治療における問題に対し、必要な情報を多色首都共有、評価を行い、患者個々の状況に応じたより良い薬物治療が提供できるよう、処方の再構築を検討し、処方提案により意思をサポートできる薬剤師


高齢者薬物治療認定薬剤師になるには・・・

Webラーニング受講・ワークショップ参加・処方提案書提出により構成され

すべての研修を受けると受験資格が得られます。


《 今後の認定研修会の開催予定 》

H28年3月13日(日) 症例検討ワークショップ-Ⅱ「鎮痛剤の適正使用」

 講師:金井 貴生 先生 (水戸共同病院総合診療科部長)

H28年5月 未定 Roleplay Workshop-Ⅰ「消化器系薬剤使用で起こる問題と医師への提案」

 講師:北 和也 先生 (やわらぎ診療所クリニック副院長)

※ポリファーマシーに取り組む著名な医師・薬剤師を予定しています

認定要件となる研修会ですので、認定を目指す方は受講が必須となります








Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-11-30 05:02:11
More updates
Sun Jan 17, 2016
10:30 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
グラントウキョウサウスタワー13F 会議室
Tickets
参加費+お弁当(お茶付き) ¥10,000

On sale until Jan 16, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都千代田区丸の内1丁目9番2号 Japan
Organizer
一般社団法人薬局共創未来人材育成機構
186 Followers
Attendees
40 / 40